マザーテレサになりたかった

愛と性欲を整理するためのブログ

ほとんどの人が自分の愛を愛だと誤解している件についてー恋人が浮気をしていると感じたら

「自分はこの人を愛している」「愛されている」

その感情のほとんどは、真理ではないと、私は思っている。

 

たとえば恋人や配偶者が、いわゆる”浮気”をしていると感じたり、事実だということがわかったら。

多くの人は、怒り、悲しむだろう。

泣き続け、自らの精神を削ったり、自分のどこが悪かったのだと思いつめる人もいれば、

相手を罵倒したり、責めたり、暴力をふるう人もいるだろう。

別れを選ぶ人も多い。

結婚していれば、不倫は立派な犯罪だ。

 

「あなたを愛しているから、私はこんなにも苦しい」

よくある言い方だ。

 

けれども、その”愛”は、相手を心から愛する愛ではない。

ただの自己愛に過ぎない。

そう私は思っている。

 

浮気されて悲しくなったから相手を責める、

それのどこが相手への愛だと言うのだろう。

勝手に好きなのは自分。勝手に悲しんだのは自分。

すべてただの自己愛だ。

 

本当に相手を愛しているなら。

相手が誰にどんな感情を抱いたって、関係を持ったって、

「その人がその人であること」に、変わりはない。

その人の、

理性のきかないだらしない性欲か、

踏みとどめることのできないほどの情熱的な恋か、

それを愛だと錯覚してしまう幼さか、

いやいやすべてを正当化してしまう本気か、

どれかの面が表面化されただけだ。

 

その人が楽しく、うれしく、幸せに過ごしていれば、

それは祝福されるべきことではないか。

相手のすべて、ありのままを受容するー

それが本当の、相手への「愛」の本質だ。

 

愛は、こいびと間であれ、親子間であれ、師弟間であれ、友人間であれ、

どんな種類で形だとしても、相互の人間関係によって育まれていくものだ。

それは確かであろうとも、一方で、基本的には「一方通行」であることも、確かだ。

 

わたしがあのひとに抱いている愛は

わたし個人の勝手な「自己愛」である。

 

この前提を持つと、叶わない恋も、運悪く傷つけられたときも、救われる。

 

私がこのことに気づいたのは、中学三年のときだ。

叶わない恋をしていた。

こんなに愛しているのに、どうして報われないんだろう。

悩み続けていたときに、

そうか、愛とは、自分自身の都合でしかないことが、前提にある。

つまりその「自己愛」をよしとして受け入れてくれたときに、

初めてみんなが認識しているいわゆる「愛」になるんだ。

と、気づいた。

 

そしてその、自分の考えや経験がすべて、ひとつの正しい答えであると、エーリッヒフロムの「愛するということ」に出会い、自信を持って言えるようになった。

 

愛するということ

愛するということ

 

 

 

それからは、相手の全てを本当の意味で受け入れる=愛することができるようになった。

 

ふられても、

「私を好きにならないのもこの人だ。この人が私以外の人を好きになっても、この人がこの人であること、私がこの人を愛していることは、変わらない。この人の幸せのために、私ができることは、側にいることではなくて、離れることだ」

 

そうやって、何度も何度も想いながら、一週間くらい泣きまくり、場合によっては10年以上想い続けながらも、あきらめることができるようになった。

 

それは本気で相手のことを好きじゃないんだよ、と言われたこともある。

こんな悟ったようなことを言って、と反感を買いそうでもある。

 

過去に浮気された時は、吐きそうになりながら気丈にふるまった。

結婚した今、夫から、他の女性の話を聞くと、胸が痛む。

好きだったひとたちを、あきらめていても、忘れられないままでいる。 

 

だから私も普通だ。

それでも、その苦しみは自己愛だと、思っている。

 

もちろんその自己愛を否定することはしない。

だってこの世でいちばん幸せにしてあげるべきは自分だから。

傷つけられた、と感じたら、相手を責めてもいいし、別れたっていいし、復讐したっていい。とも思っている。

ただ、それは相手への愛ではないよね、という話。

 

 

たとえば浮気されて、別れることを考えると辛いなら、

相手と一緒にいるのがわたしの幸せという自己愛を守るために、

相手を責める自己愛を封印しなければならない。

その自己愛のせめぎあいに折り合いをつけつつ、

相手の全てを受け入れることをしてみる。

そうやって自己愛と相手への愛の両立をすることが、

長く続く関係のひけつだと、思うのです。

 

好きなひとが他のひとと仲良くしていたら、

そりゃあ胸がざわざわして、頭が痛くなって、

自分と相手を必死で守りたい気持ちと、責めたい気持ちがせめぎあって、

死にそうになるけれど。

 

自分を愛し、相手を愛すること

どちらにも心から感謝できること

かんたんなようでとても難しい。

だから私は、マザーテレサに憧れているのです。

 

 

マザー・テレサ―貧しい人のために生涯をささげる聖女 (学習漫画 世界の伝記)

マザー・テレサ―貧しい人のために生涯をささげる聖女 (学習漫画 世界の伝記)

 

 

 

マザー・テレサ―かぎりない愛の奉仕

マザー・テレサ―かぎりない愛の奉仕